総合情報 製品紹介:映像プラグイン 製品紹介:その他
Autodesk 3ds Max プラグインリスト

UV分割の配置を瞬時に最適化
UVマップ処理の生産性と効率性をアップする信頼性の高いアンラップ ソリューション

UVマップ処理の生産性と効率性をアップするアンラップ ソリューション:Unwrella 2
Unwrella 2
Unwrella
アンレラー
  • 開発元:3d-io
  • 機能:テクスチャ/UV プラグイン
  • バージョン:3
  • マニュアル:英語
  • 販売形態:ダウンロード
  • Unwrella 3 for 3ds Max 対応ホストアプリケーション:
  • 3ds Max 2010〜2017
  • Unwrella 3 for Maya 対応ホストアプリケーション:
  • Maya 2010 〜2016

Unwrella とは

 Unwrella は、Autodesk 3ds Max、Autodsek Mayaに対応したアンラッピング プラグインです。

 ワンクリックでモデルの表面の比率に合わせたピクセル比で自動的に3Dモデルを展開します。

 また、展開パーツとシーム(継ぎ目)を最小限に抑え、最適なUV配置を瞬時に行います。これにより、テクスチャ ベイキングに必要なUVマップ作成のスピードアップが可能になります。
Unwrella
操作画面

Unwrella 主な機能

Unwrella

オートマティック&ワンクリック!
Unwrella モディファイを適用するだけでアンラッピングできます。

Unwrella

継ぎ目が見えないサーフェイスモデルに明確な継ぎ目を追加し、サーフェースのリッジ(ridge)に自動追加することができます。例えば建築系のメッシュなど折り目のある形状の扱いに便利です。

Unwrella

シームを保存するソース マップ チャンネルをターゲット チャンネルとは異なるチャンネルにすることが可能になりました。これでメッシュ用に複数の異なるアンラップが簡単に作成できます。

Unwrella

ユーザーインターフェースを簡略化し、より直感的に使用できるようになりました。

Unwrella

シームの手動設定をフルサポートしています。アンラップする際、手動で設定した展開図を保持します。手動・自動で設定したシームをビューポートで確認できます。また、ユーザは自由にシームの色を設定できます。

Unwrella

任意のポリゴンシェイプでメッシュのアンラップが可能です。

Autodesk 3ds max版、Autodesk Maya版、どちらも体験版を無料ダウンロードできます。

動作環境