総合情報 製品紹介:映像プラグイン 製品紹介:その他
アナログ基礎講座 I | アナログ基礎講座 II | アナログ基礎講座 応用編

32年に渡るアナログの英知を ─── たった一冊で習得!
映像制作 "秘伝の書"、三部作が遂に完結! 第三弾は、応用編!


もう、誰も教えてくれない 【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座I】
もう、誰も教えてくれない
【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座
応用編】
※シーバレーで購入すれば、送料無料です!

撮影・VFX/CG アナログ基礎講座 応用編 とは

アナログ基礎の英知の上に、優れた映像表現あり───

映像制作の基礎習得に重点を置いた前書「アナログ基礎講座」I と II の内容とは趣きを変え、映像作品にダイレクトに活かせる実用的な技術、ノウハウを網羅、解説した「アナログ基礎講座 応用編」が誕生しました!

初心者の方がコンピューターを使ってスグに実現できるものから、リアルな雲や雨、溶岩、銀河、ミニチュアなど材料を揃えて作り上げる高度な工作技術まで、映像制作の幅広い「ノウハウ」を一挙公開致します。

これら大半は、著者である古賀信明 氏の過去32年に渡る撮影・VFX/CGの経験から生まれたオリジナルのアイディアです。有料の講演での内容から、一般にはあまり知られいないものまで、実戦で役に立つ価値の高い情報が、惜しげもなく披露されています。
本書では、なぜ、リアルに見えないのか?などあえて失敗例も紹介して、リアルさを生み出す条件を論理的に解説。一般的な解説書にはない、実践から導かれた方法論や映像制作に対する考え方などまで、思う存分吸収できます。

CGでの表現に限界を感じている方、他の作品と大きく差別化したい方、デジタルにはない面白いより具体的な表現を求めている方など、学生から最先端のプロに至るまで映像クリエイターの皆様に大推薦する貴重な一冊です!

本書「はじめに」より一部抜粋


「ネットや本からの知識だけで十分」と考えているあなた!
ほんの少しの勇気を出して、今まで知らなかった新しいアナログの冒険の世界に足を踏み入れてみませんか?
ぜひ一度手を動かしてやってみましょう。
すぐに実行できるものから、材料集めや若干高度な組み立て工夫が必要なものまでありますが、何はともあれ、失敗を恐れず、まずはできるものからやってみる事です。
そして、「望まない結果が出た」"失敗"もまた、「別の何か」につながるヒントが隠された「宝の山」なのです。
その際、最大限に感性のアンテナを張り巡らし、あらゆる出来事を観察し記録しましょう。
そうする事で、他人とは違うあなたが、より強く光り輝く為の新しいきっかけがそこから見つけられる筈です。

しかし、そうして得られた輝きは永遠には続きません。次の新しい輝きのネタを探して行動し続けなければならないのです。
それを「苦痛」と感じる人もいるでしょう。
もし、それが「楽しい!」と感じられるのなら、それが"才能"と呼ばれるものの一つなのかも知れません。
この本で、新しい自分と新しい発見をする楽しみを実感してください。レッツトライ!

著者紹介


古賀信明(こがのぶあき)

1958年(昭和33年)福岡市生まれ
主な作品:引き出しの中のラブレター(2009年)、魍魎の匣(2007年)、蟲師(2005年)アヴァロン(2000年)、五条霊戦記(2000年)
株式会社スペシャルエフエックス スタジオ

映像クリエイターのためのニュースサイト【Creators' Heads】のクリエイターへのインタビュー「クリエイティブの遺伝子」では、本書籍の著者、古賀信明さんの、映像制作に掛ける拘りや、熱い想いをお訊きしています。ぜひこちらも合わせてご覧ください!

其の一:特殊メイクなら、自分で責任を持って一人でできると決意した
其の二:クリエイティブへのこだわりは、映画の中のリアル
其の三:多くのお客さんは、映画を見る時、VFXを見に来るのではない

撮影・VFX/CG アナログ基礎講座 全3冊セット のご案内


アナログ基礎講座シリーズ「応用篇」から手に取られた方は、前作の「基礎講座I」と「基礎講座II」もぜひご一読ください。
いわゆる「基礎講座」と銘打った一般的な書籍とは違って、読みやすく興味が持続するべく工夫して紹介されていますので、技術習得の目的だけではなく「楽しい読み物」としてもご一読できると思います。

知らなかった事を知る喜びを実感できる───!
実際に仕事に活かせる生きた知識が身を付けられる───!
ぜび、「アナログ基礎講座シリーズ」全3冊を、あなたの作品作りの大きな武器にしてください。

シーバレーも、自信をもって推薦します!


このアナログ基礎講座シリーズは、本来なら、もっと高額になると思われる内容、ボリュームでありながら、一冊僅か3,000円台という破格の価格でご提供しております。これはアナログの技術、歴史、ノウハウを次世代に繋ぎたい著者が、書籍が高価になると、あまり売れない、つまり一部の人にしか伝わらない書籍になってしまうことを危惧されたためです。

シーバレーも、ぜひ映像制作に関わるできるだけ多くの方々に読んで活用して頂きたいお勧めの著書です。

特にアナログの時代を知らないデジタル世代のクリエイターの方々に推薦致します。本書から、デジタル映像を制作する上での新たなヒント、そして発見が得られること違いありません。

デジタルの無限の可能性を引き出す、アナログの英知を心行くまでご堪能ください!

撮影・VFX/CG アナログ基礎講座I 目次

はじめに

■コガマーカーの作り方
 VFX現場に不可欠なマーカー
 コガマーカーの必要性
 用意するもの
 工作
 「へ」の字曲げ補助具の制作
 マーカーを張る段取り
 揺れ対策

■LEDマーカーの作り方
 用意するもの
 抵抗値の計算法
 チップLEDを使ったマーカー
 テグスに付けたマーカーの揺れ止め
 改良型マイコン内蔵LED マーカー

■自然な影を合成する
 キーイング撮影時の問題
 照明は完全に同じで無いとダメか?
 影の重要性
 影作成用のキャメラ

■ブルーの提灯を光らせる

■ライトバースト/ 光芒を創る
 レンズフレア(ライトバースト)
 過去の経験
 撮影機材について
 三脚について
 特製ライトバーストフィルターの作り方
 必要な材料
 レベルやトーンカーブによる
 モノクログレースケールの着色法

■水煙、しぶきの作り方
 ハイスピード撮影
 〜スケール感のリアリティ〜
 砂を水に見立てる
 本物の水は使えないのか?
 費用対効果
 民生用ハイスピードキャメラ(デジカメ)
 ハイスピード撮影の照明
 ALEXA/EIPC/F65/Hi Motion/MEMRECAM
 モーフィング
 モーフィングの費用対効果の高い利用法
 カットの繋ぎ目を消す

■雨を創る
 雨の撮影方法
 素材撮影時の背景
 雨素材を撮影する
 霧吹きを使った撮影
 奥行き感のある雨
 高圧洗浄器
 雨の見え方
 素材同士の合成
 高圧洗浄器
 雨脚(あまあし)素材を撮る

■昼間の雨の合成方法
 雨の誇張

■雲を創る
 雲海の作り方
 成層圏の雲を作る
 容器のペイント
 ペイントしない方法
 塩水の準備
 酢を薄める
 スポイトの準備
 ミニ成層圏を作る
 雲を実際に描いてゆく
 クラウドタンク

■雲や煙を描く
 まずは自分流の雲を描いてみる
 Photoshopでそれらしい雲を描く
 ブラシパターンで雲を描く
 ブラシパターンの作り方
 ブラシパターンの登録
 エアブラシツールのコントロール
 雲や煙パーツを綿で作る
 綿の千切り方
 ディテールの一部としての条件
 繊維の方向性をランダムにするには
 スキャンする際の注意点

■2Dで煙を創る
 2Dで煙のアニメーション
 煙のアニメーション
 雲の陰影の付け方
 液体窒素の雲
 液体窒素の雲は非常にリアル
 非常に危険な密室での撮影

■溶けた銑鉄または溶岩の表現
 昔の映画の溶岩表現方法
 普通の被写体との違い
 フェイクを使う
 溶岩に見えるための要素
 オレンジ色に光らせる
 紫外線を使った際の注意点
 フェイク溶岩に粘りを与える

■2Dのコズミックズームの素材の作り方
 コズミックズームって?

■カッティングシート
 カッティングシートの一般的な利用法
 写真を原稿とした切り抜き

■血糊の赤はどんな赤?
 劇用血糊の問題点
 本物の血は透明?
 混ざりにくいものの混ぜ方のコツ
 布等へのしみ込みの問題
 理想の血糊(ブラッドジェル)

■角をRに

■CGのしわの描き方
 しわの観察
 しわを描く
 大きなしわと小さなしわ
 新しいブラシパターンの作り方
 ブラシパターンの設定
 ビット深度の違い

■水槽の中の素材撮影方法
 ガラスの映りをどうする?
 水面の写りは?

■ヘリによる空撮
 フライトの前の注意点
 空撮のスタビライザーについて
 空撮時の環境
 ノイズキャンセルの余談

■ミニチュア地形の作り方
 「山のミニチュア」材料
 製作工程
 撮影に際して
 操演時の三点支持
 何故ピアノ線か?

■天候を変える
 印象的、ドラマチックな表現に加工する
 現場での立ち会いの注意点
 現場での手法の決定
 作業の注意点
 実作業

■リアルなカットの構築
 完成カットへの手順
 イマジネーション

■リアルな人間の皮膚表現
 CGっぽさの何故?
 サブサーフェイススキャッタリング(SSS)
 シャドウ(影)の色
 スペキュラー
 リアルに見えるということ
 肉眼は、それ程緻密に見てはいない
 明るい場合と暗い場合
 人の顔は別
 僅かな変化
 皮膚感

■完全無反射撮影(NON-SPEC)法
 全反射(テカリ)をカットする
 偏光フィルター
 写真用偏光フィルター
 偏光フィルターの効果が出る条件
 完全無反射撮影
 光量の問題
 テカリの完全除去法
 装置全体の構成
 LEDの準備
 反射板の作成
 偏光フィルターの調整方法
 偏光板回転方式
 動作の説明
 最も工作が楽な方法
 電源について
 半田付けについて

■偽ハッブル宇宙望遠鏡写真の作り方
 30センチ四方の宇宙
 条件
 結果を求めるイマジネーション
 具体的な材料の検討
 POWERS of PVA(洗濯糊の力)
 一定の状態の固定
 サインペンから色素を取り出す
 最新機材の大きな利点
 RAW データの現像時に色を変える

■ホームメイド
 モーションコントロール合成装置

おわりに

書籍情報
もう、誰も教えてくれない
【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座 応用編】

  • 著者:古賀信明
    発売元:株式会社スペシャルエフエックス スタジオ
    頁数:224ページ(オールカラー)
    寸法:25.8×18.3×1.1cm(B5サイズ)
    重量:595g
    ISBN:978-4-9905117-1-5
    発売日:2013年6月28日