総合情報 製品紹介:映像プラグイン 製品紹介:その他
アナログ基礎講座 I | アナログ基礎講座 II | アナログ基礎講座 応用編

撮影、VFX、CG ─── 映像制作、秘伝の書を紐解く!
機材、用語、マナー、現場のノウハウが詰まったアナログ基礎講座、第二弾


もう、誰も教えてくれない
          【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座II】
もう、誰も教えてくれない
【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座II】
※シーバレーで購入すれば、送料無料です!

撮影・VFX/CG アナログ基礎講座II とは

「アナログ基礎講座II」は、撮影、VFX、CGのアナログの技術、歴史、ノウハウを解説した、映像制作のための解説書、第二弾です。

映像制作の現場で使用する機材、専門用語、現場のマナーなど、第一弾の基礎編からステップアップ、より実用的で現場に即した情報を網羅します。

ここ十年程で急激に発達したデジタル技術は、誰もが安価で容易に映像やCGの制作ができる革命を起こしました。しかし、道具が同じであるが故、テイストが似てしまう傾向にあります。

特撮監督、VFXスーパーバイザーとして活躍される古賀信明氏は、このデジタルのジレンマを解消すべく、アナログからデジタルまで、30年以上の経験から得られた多くの有益な知識や経験を、10年の歳月を掛けて3冊の書籍にまとめました。
将に映像制作"秘伝の書"、本書はその第二弾、現場編です。
基礎講座IIでは、映像制作の現場で見につけるべき知識やルールを、広範囲に渡って、理解しやすいように理由を添えて説明しています。この実用的な知識と考え方を是非みなさまの実力に加えて、作品や現場での仕事ぶりに磨きを掛けてください!

本書「アルファーチャンネルの理解」「あなたにとってプロフェッショナルとは」より一部抜粋


「アルファーチャンネルの理解」より

もう既にPhotoshopやAfter Effectsを日常的に使っている人に質問しましょう。
アルファーチャンネルって何でしょう?

、、、正しく答えられたでしょうか?

アルファーチャンネルとは、RGBの色合いのデータとは違い、「部分的にRGBを透明化する、もしくは切り取るためのグレースケール画像データである」と、言う事が出来ます。

アルファーチャンネルの考え方はアナログには無いと述べましたが、非常に近い技法はあります。それは"マスク合成"です。(後略)



「あなたにとってプロフェッショナルとは」より

皆さんが抱くプロのイメージとはどのようなものがあるでしょうか?

あなたにとって「プロフェッショナルとはこういうものだ」といった、プロという言葉の定義をお尋ねします。(中略)

プロとは、「お金を出してくれる依頼者の要求の本質を確実に理解し、それに応える事が出来る人」を指します。
しかし、これだけでは、まだ十分とは言えません。
100の要求を100答えていては普通なのです。

100の要求を120で答え続けていると、(実際にやるのは大変なことですが)まず営業はいらないでしょう。つまり、「お仕事、下さい」と言って回らなくても口コミで自然と仕事ができるようになります。(後略)

著者紹介


古賀信明(こがのぶあき)

1958年(昭和33年)福岡市生まれ
主な作品:引き出しの中のラブレター(2009年)、魍魎の匣(2007年)、蟲師(2005年)アヴァロン(2000年)、五条霊戦記(2000年)
株式会社スペシャルエフエックス スタジオ

映像クリエイターのためのニュースサイト【Creators' Heads】のクリエイターへのインタビュー「クリエイティブの遺伝子」では、本書籍の著者、古賀信明さんの、映像制作に掛ける拘りや、熱い想いをお訊きしています。ぜひこちらも合わせてご覧ください!

其の一:特殊メイクなら、自分で責任を持って一人でできると決意した
其の二:クリエイティブへのこだわりは、映画の中のリアル
其の三:多くのお客さんは、映画を見る時、VFXを見に来るのではない

ILM シニアデジタルマットアーティスト 上杉裕世 氏 推薦!


滑り込みセーフでデジタル化以前の特撮現場でアナログマインドをたたきこまれた後に、筆者と同様に90年代のデジタル化を最前線で試行錯誤できた僕は極めてラッキーだった。

結果を推測しながら物事を進めていくことの積み重ねで成り立っていた当時をくぐりぬけてきたことで、合理的な筋道の立て方やアプリケーションの本来の使用意図にとらわれない発想力を養われたことは、デジタル真っ只中で作業する現在でも大きなアドバンテージになっている。

本書は何の意識や疑問を持つこともなく見過ごしてしまいがちなデジタル上のひとつひとつのプロセスが実は深い意図と意味をもって繋がりあっていることを理解する為のバイブルとなるだろう。

上杉祐世氏の主な参加作品:
ダイ・ハード 2(1990 年)、スターウォーズ ファントムメナス (1999 年)、スターウォーズ クローンの攻撃 (2002 年)、スターウォーズ シスの復讐 (2005 年)、アバター (3D)(2009 年) 他多数

シーバレーも、自信をもって推薦します!


このアナログ基礎講座シリーズは、本来なら、もっと高額になると思われる内容、ボリュームでありながら、一冊僅か3,000円台という破格の価格でご提供しております。これはアナログの技術、歴史、ノウハウを次世代に繋ぎたい著者が、書籍が高価になると、あまり売れない、つまり一部の人にしか伝わらない書籍になってしまうことを危惧されたためです。

シーバレーも、ぜひ映像制作に関わるできるだけ多くの方々に読んで活用して頂きたいお勧めの著書です。

特にアナログの時代を知らないデジタル世代のクリエイターの方々に推薦致します。本書から、デジタル映像を制作する上での新たなヒント、そして発見が得られること違いありません。

デジタルの無限の可能性を引き出す、アナログの英知を心行くまでご堪能ください!

撮影・VFX/CG アナログ基礎講座II 目次

アナログ基礎講座Uを刊行するにあたって

■レイヤーモードの理解
 乗算
 スクリーン
 差の絶対値
 アルファーチャンネルの理解

トラベリングマット
 フィルム時代の手描きによるマット作成
 手描きマットの作り方
 フィルムを使ったブルーバックの原理
 ブルーの背景からマット(マスク)を
  作る概念図
 フィルム時代の苦労
 「パラ」ゴミ
 簡易ブルーバック(マット)プロセス
 マスクの形状による合成結果の違い
 RGGでブルーカブリを除去する方法
 セパレーションフィルムを使ったプロセス
 デジタルを使ったマット作成
 フィルムとデジタル合成の考え方の違い
 合成で一番重要な事
 ブルー/グリーンバック撮影時の
  人物等のライティング
 グレイボール(ライティングリファレンス)
  を使った撮影法
 合成が難しいもの
 ブルーバック?グリーンバック?
  どっちにしたら良い?
 色味の違い
 同じ範囲でもフィルムの
  RGBのそれぞれの粒子はこんなに違う
 ブルーバック/グリーンバックの撮影
 カラーサンプリングレート
 ブルースピル(青カブリ)
  グリーンスピル(緑カブリ)
 キーイング処理ができるなら
  セットやロケはいらない?
 背景のムラ
 背景色の彩度
 いつ背景を撮るか?
 衣装の色
 撮影時のフォーカス
 フィルムでマットラインが出る原因
 モーションブラーのボケ
 逆転の発想 リバース ブルースクリーン
 発光ブルースクリーン
 ブルーバックを使った
  マットペイント用の素材撮り
 葦原の合成
 水中グリーンバック
 意図通りの合成
 対処法
 映画「未知との遭遇」での子役演出
 蛇の合成
 キーイングの応用

■マットペイント
 生合成
 グラスペイント
 スクリーンプロセスを使ったマットペイント
 マットペイントの画材
 スムースフレックスの開発

スクリーンプロセス
 リアプロジェクション
 照明の問題
 プロジェクターの問題
 リアプロジェクションの優位性
 フロントプロジェクション
 背景映写用の撮影上の注意点

トラッキングとマッチムーブ
 トラッキング
 スタビライズ
 手動(マニュアル)による2Dトラッキング
 3Dトラッキング/3Dマッチムーブ
 トラッキングできない対象物
 人体用特殊マーカー
 マーカーが消える?
 レンズディストーションについて
 ズームレンズでのケース

マーカー
 1、プリントアウト
 2、タックシール
 3、ガムテープ、パーマセルテープ
 4、レーザーポインター
 5、LED
 6、スコッチライト
 7、コガマーカー
 8、コルクボードピン、マチ針
 9、スチロール球
 10、粘土
 11、手芸用のビーズ
 被写体の形とコントラスト
 マーカーの色、大きさについて
 フォーカスボケの耐性
 平面検出
 空間の再現

スタビライザー
 ステディカム
 「画がブレるという事」とは
 簡易実験1
 ステディカムマーリン
 ポゴカム
 電子式スタビライザー
 光学式スタビライザー
 アクティブCCDスタビライザー
 トラディショナルスタビライザー
  (昔ながらの揺れ止め)
 簡易実験2
 ケニオンジャイロスタビライザー
 カメラ防振装置の元祖 ステディカム
 日本に出願されたステディカムの特許
 ステディカムの弱点
 国際特許、世界特許は怪しい

■プロジェクター
 DLPプロジェクター
 データ上映の問題点
 CRTプロジェクター
 ブラウン管
 ブラウン管の蓄光
 透過型液晶(LCD)方式
 反射型液晶LCOS(エルコス)方式
 GLVデバイス
  (Grating Light Valve:回折格子光変調)
 GLVプロジェクター
 レーザープロジェクター
 PALについて
 30フレームと29.97フレーム
 ドロップフレームとノンドロップフレーム
 24pと60i

■撮影の打ち合わせ
 各部所における事前打ち合わせ
 オールスタッフ

■撮影現場のマナー
 初めての撮影現場
 マナー@ 挨拶は大きな声で
 マナーA 空気を読む
 マナーB 言葉遣い
 マナーC わかり易い説明
 マナーD 手際よく動く
 マナーE 言うべき時に言う
 具体的な例
 言うべき時に言う場合のポイント
 マナーF 思いやり

■実写のライティングの段取り
 スタジオセットやオープン
  (ナイター、夜間撮影)の場合
 オープン(昼間)の場合

■業界用語の説明

■プロフェッショナルとは
 あなたにとってプロフェッショナルとは?
 天才と凡人
 プロとオタクの違い
 仕事を楽しむ
 ある若者の言い訳
 ゴマ化し
 「ゴマ化し」について
  まだ引っかかりを感じている人へ
 失敗は、「悪」か?
 ルーチンワーク
 予算に応じた仕事を
  初心者がやるのは100年早い
 修行と仕事
 営業活動はいらない?
 ウソを信じ込ませる説得力
 肉眼は見ているようで実はよく見ていない
 マットペイントの不思議
 ディテール=リアリティか?
 陰のリアリティ
 もうひとつのリアリテイ構成要素
 ディーテールを気にしすぎる人は
  映像の素人だと思っていい
 暗いシチュエーションの有り難み
 CGで可能だからCGを使うのか?

■VFXスーパーバイザー(視覚効果責任者)
 VFXスーパーバイザーの仕事内容
 VFXスーパーバイザーの求められる能力
 VFXスーパーバイザーの条件
 指示の受け取り
 普段の観察から
 普段からの積み重ねの思考が重要
 演出家の指示の中途変更
 大きな変更を防ぐには
 コミュニケーション能力は
  「質問をする事」で身に付く
 閃き(ひらめき)は、
  物事を学ぶことによってその輝きを増す
 信念を持とう
 お客様(発注主)を喜ばせるためには
 最終的なイメージを正確にとらえる事が大切
 現実世界の経験と観察力
 共感を得る為には
 監督は、「絶対」?

センスと努力
 どんな事でも諦めずに
  努力すれば必ず実現する?
 センス
 自分の改善
 自分力を磨く具体的な方法
 「努力」の意味
 努力をするということ
 仕事は小発明の連続である
 アイディアの発想法
 目的を分解整理する事
 勉強のやり方
 感性(センス)を磨く事
 質問を前提に人の話を聞く
 人前で話す事のトレーニング
 質問のポイント
 夢の実現
 自分の力

現場見学の際のマナー
 撮影現場見学の心得

一流のプロを目指す人たちへ
 谷雅彦という男

■フィルムキャメラ図鑑
 

これからの日本のあるべき教育の姿
 アメリカから本当に学ぶべき事
 今の日本、これからの日本
 新しい教育
 興味を持たせる教育を
  施すにはどうすればいいか?
 理想の学校
 ああ、やっぱり・・・
 ゆとり教育って?
 興味を持たせる事の大きなメリット
 豊かな今の環境
 教育は与えすぎてはいけない
 競争を否定する教育
 根性は売りに出来ない
 行動出来ない言い訳
 1食100円生活

あとがき

書籍情報
もう、誰も教えてくれない
【撮影・VFX/CG アナログ基礎講座II】

  • 著者:古賀信明
    発売元:株式会社スペシャルエフエックス スタジオ
    頁数:224ページ(オールカラー)
    寸法:25.8×18.3×1.2cm(B5サイズ)
    重量:604g
    ISBN:978-4-9905117-2-2
    発売日:2012年4月25日