TOP 映像プラグイン:製品紹介 製品紹介
AE トップ 新製品情報 人気ベスト5 メーカー順 製品名順 機能別 AE 対応リスト
色補正を適当にしてませんか?
緻密な色補正を、簡単操作で実現する高速カラーコレクション ───
Colorista II
カラリスタ II
開発元:Red Giant
機能:フィルタ効果 / 質感加工
バージョン:2
マニュアル:PDF形式をダウンロードでご提供致します。
(内容はバージョン1です)
販売形態:ダウンロード製品
セット製品:Color Suite 11
デモ版:Windows / Macintosh
ホストアプリケーション :
After Effetcs : CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
Premiere Pro : CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
Final Cut Pro : 7
  Colorista II (マジック ブリット カラリスタ II)とは
 Colorista は、高度な色補正処理を、ほんの数クリックで実現するカラーコレクションツールです。

 バージョン2では、バランスと輝度の調整を行う3 Way ホイール、精密な編集を行う新しいキーヤー、 補正範囲を調整するPower Masks などの多彩な機能を持つ3つのステージを使って、より緻密な色補正が可能になりました。

 高度な色補正処理を実現し、編集アプリケーション内でプロ仕様のカラーグレーディング(映像に特定の色合いを与えて独特の空気感をつける手法)が行えます。

 更に、After Effects や Final Cut Pro、Premiere Pro などのアプリケーション間で一貫したカラー情報を保つことが可能、コンポジットと編集どちらでも好みの色補正が行えます。

Colorista II 操作画面
  主な機能
強力な 3つのステージ
Colorista II に新しく搭載された強力な"3 Stage システム"は、色補正の仕方を変えます。 全てのステージには、シャドー、ミッドトーン、ハイライトの、3つのカラーホイールを搭載、各ステージの機能とあわせ色調整を行えます。
Primary ステージ:White Balance(ホワイトバランス)、露出、8 Way HSL の補正を行います。
Secondary ステージ:トーンの微調整や、キーヤーやPowerMask 機能で設定した範囲のトーン調整が行えます。
Master ステージ:色のバランスやコントラストの調整、2つめのPower Mask を使った精密なカラー調整が行えます。
強力な新キーヤー
新しい強力なキーヤーは、個別の色や色相の調整を実現します。ダイレクト・サンプリング・インターフェースで、直観的に色のキーを作成し、さらに作成したマットで、範囲の微調整など行うことが可能です。
また、Power Masks 機能と一緒に使用して、より高度なコントロールが行えます。
8 way HSLチャンネル
メモリーカラーを正しく再現するのは、極めて重要です。8色の範囲に及ぶHue(色相)、Saturation(彩度)、およびLuminance(輝度)を変えるための3つの色彩調整コントロールがあります。
自然な人間の肌のトーンや青空のような正確な色を表現します。
2つのパワーマスク機能
2つの「長方形」または「楕円形」のマスクを使って、色補正の範囲を指定することができます。そのマスクを別々または一緒に使用したり、キーヤーと併用して強力な色補正を行うこともできます。 例えば、単一のパスで、2人の俳優の肌トーンを修正する、ということも可能です。
2種類のPop スライダー
Popスライダーには、2種類の用途があります。シャープを強めて画像をもっとビジュアル的にポップにできます。逆に、Popスライダーをマイナスの値にセットして重要な細部(ディテール)を維持しながら肌の色合いをきれいにできます。
Highlight Recovery(ハイライトリカバリー)
吹き消されてしまったハイライトの細部を上手に復元することが出来ます。空の吹き消されてしまった領域や俳優の顔のようなものでも問題である部分を隠してショット(撮影画像)を取っておく事ができます。
RGB Curves(RGBカーブ)
この機能は、正確な制御および滑らかで映画のようなコントラスト調節のために使用します。この機能で、 ショットに映画のようなコントラストを加えることができます。 マスター・カーブ・コントラストや個々のRGB チャンネル制御を体験してください。
ユニークなAuto-Balance
この機能では、簡単に画像のホワイトバランスを調整できます。Auto-Balance は、クリック一つで照明のあるシーンでも、ブラック/ホワイトバランスを簡単に調整することが可能になりました。
イメージフリップ(反転)
このスイッチは、簡単に色の補正をする前に画像を反転させることが出来ます。イメージを上下逆にキャンプチャーする35mmアダプタを使用している、パナソニックHVX200やソニーEX-1のビデオカメラで撮影した映像を使う際に便利です。
GPUアクセラレーターとCPUサポート
レンダリングエンジンの柔軟性により、いつでもどこでもColorista U を使用する事が出来ます。その他のMagic Bullet ツールと同様に、Colorista II は、フローティングポイント(浮動小数点)カラーを使用しています。また、GPUアクセラレーターにより、プレイバックと最終レンダリングを高品質にします。
GPUアクセラレーターは、出力プロセスをスピーディーにします。GPU搭載の高スペックマシンでは、最高のレンダリングパフォーマンスを発揮しますが、ノートパソコンやCPU のみのレンダーファームマシンでも、Colorista II は、高いパフォーマンスを提供します。
複数のホストアプリケーション間の移動も可能
Colorista Uは、Final Cut Pro、After Effects、Premiere Pro といった主要ホストアプリケーションのプラグインとして使用できます。 そして、アプリケーション間で一貫したクオリティを保つことが可能です。
  チュートリアルムービー (英語)
Colorista II チュートリアル 1
デモムービー
Colorista II チュートリアル 2
マルチショット ワークフロー
Colorista II チュートリアル 3
キーヤー
Colorista II チュートリアル 4
Power Mask
Colorista II チュートリアル 5
スキンレタッチ
  よくある質問
Q:Magic Bullet Looks と、Colorista の違いは?
A:Frames でフッテージのインターレースを解除した後には、Coloristaによる、フッテージの色補正をお勧めします。 Colorista では、ほとんどのノンリニア編集システム に搭載されている3 ウェイ補正ツールよりもよい結果を得ることができます。 ですから、Magic Bullet Looks で雰囲気を設定したり、被写界深度を修正する前に、Colorista でのリフト、ガンマ、ゲインの補正に少し時間を割いて、各カットごとの色合いの微妙な違いを統一させることに有効です。
Q:Color Finesse 2 と Colorista の違いは?
A:Color Finesse 2 は、Colorista と比較して多くのパラメーターを持ったカラーコレクションツールです。 Colorista は、それらの機能を効率的でシンプルなインターフェースにまとめているため、専門的な色補正の知識を必要とせず、誰でも簡単に素早く最良のカラーコレクションを実現します。加えて、強力なキーヤーやPowerMask 機能を使って、より緻密なカラー補正が可能となります。 Color Finesse 2 が使用している Offset、Gamma、Gain では、ティント(色合い)を使用すると、シャドウが明るくなる要因となり、結果イメージのコントラストを下げ、好ましくないものになる場合がありますが、Colorista では、 Lift、Gamma、Gain カラーモデルを使用しており、ティントの変更中に、シャドウの値が明るくなりすぎたりしないようにしています。
Q:Colorista を選ぶ理由はどこにありますか?
A:ほとんどのノンリニア編集システムに搭載されている3ウェイカラー補正ツールより良好な結果を得ることができます。加えて、強力なキーヤーやPowerMask 機能を使って、より緻密なカラー補正が可能となります。 また、After Effects、Premiere Pro、Final Cut Pro、Motion、Avid Xpress Pro、Media Composer とあらゆるプラットフォームに対応したプラグインが、オールインワンパッケージとなっているため、After Effects と Final Cut Pro の組み合わせで作業しているという環境でも、同様のカラー補正が適用できるといったメリットがあります。
動作環境
※Colorista II へのアップグレードについて
バージョン1をご購入の方には、有償アップグレードをご用意しております。
2010年6月15日以降にバージョン1をご購入の方は無償アップグレード対象です。対象の方には、E-mailにてご案内済みです。

※旧バージョンの After Effects CS5 対応について
2010年4月12日以降にバージョン1をご購入の方は、バージョン1のAfter Effects CS5 無償アップグレード対象です。対象ユーザー様には、6月上旬にE-mailにてご案内済みです。 またCS5の販売に伴い、バージョン1 における After Effects 6.5/7 のサポートは終了させて頂きます。
<Macintosh>
・対応アプリケーション:
 - After Effects CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
 - Adobe Premiere Pro CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
 - Final Cut Pro 7
<Windows>
・対応アプリケーション:
 - After Effects CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
 - Adobe Premiere Pro CS5 / CS5.5 / CS6 / CC / CC2014
・ 対応 ハードウェア:
 - Mac OS X 10.6.8、10.7.2 以降、10.8、10.9
 - Intel Mac  
 - 2GB 以上のメモリ  
 - ハードディスクに30MB以上の空き容量  
  *=Mac OS 10.6 Snow Leopard 以降未対応

※Mac OS 10.9(Mavericks)にてご利用のお客様は、最新のインストーラーをダウンロードし、再インストールして下さい。
・ 対応 ハードウェア:
 - Windows 7 64-bit 対応 
 - Windows 8 64-bit 対応 
 - Pentium 4 / 2.4 GHz 以上のスペック
 (あるいは、AMDと同等)  
 - 2GB 以上のメモリ  
 - ハードディスクに30MB以上の空き容量  
※Mac OS X 10.7 / Final Cut Pro 7 環境での不具合について:
Mac OS X 10.7 Lion / Final Cut Pro 7 の環境でColorista IIをご利用の際、パラメーターを調整してもプレビュー画面に変更が反映されない不具合が確認されています。
【対処法】Colorista II のパラメーターを調整した後に、タイムライン上の再生ヘッドを移動させてください。プレビュー画面に変更が反映されます。