TOP 映像プラグイン:製品紹介 製品紹介
AE トップ 新製品情報 人気ベスト5 メーカー順 製品名順 機能別 OS・ホストアプリ 対応リスト
  GridIron社製品
 
マルチプロセッサ、または、マルチコアプロセッサ搭載のマシンで、Aftereffectsのレンダリング速度を大幅に向上させるプラグインソフトです!
Nucleo Pro / Nucleo
ニュークリオ プロ / ニュークリオ
Win/Mac
■体験デモリンク 体験デモ:Windows版 体験デモ:Macintosh版
■After Effects 対応   Pro:7.0 / CS3 / CS4 / CS5
Std:6.5 / 7.0
■価格 販売終了(開発終了)  
   
 
■ Nucleo Pro / Nucleo 販売終了のお知らせ
GridIron社は、2011年3月25日を持ちましてNucleo Pro / Nucleo の開発を終了することを発表しました。
これに伴い、弊社での販売を終了致しました。ご利用ありがとうございました。
尚、弊社よりご購入頂いたユーザーの方は、引き続きテクニカルサポートがご利用頂けます。(2011/3/24)

After Effects のレンダリングは、シングルプロセッサ仕様なので、デュアルプロセッサマシンを使ってもレンダースピードは向上しません。
Nucleo は、デュアルプロセッサの能力を最大限に活用します! プロジェクトで使われるエフェクトを最適化し、マシンの眠っているCPU性能をフルに引き出します。デュアルプロセッサマシンユーザーの必須アイテムです!!

【 Digital Anarchy Psunamiでのレンダリング時間の比較】
CPU Nucleo OFF Nucleo ON
Opteron 0:15:22 0:05:39
G5 Quad 0:15:56 0:05:45
Gateway 0:24:42 0:14:57
Dual G5 0:21:31 0:14:11
Dual Xeon 0:21:57 0:12:36
Single Xeon 0:28:53 0:23:37
【重要なお知らせ】
・必ずデモ版をご使用のmulti-processorまたはmulti-core processor搭載マ シンにてお試しください。
(マシン構成によっては最適なパフォーマンスが得られない場合がござます)
・AfterEfects7.0 6.5のみの対応となります。(Proは7.0のみ)

インストール時にインターネットへの接続環境が必要です
・インストールマシンは固定となります(変更の際は申請が必要となります)

 
■主な機能

CPUを最大限に活用

最新型のコンピューターに何千ドルものお金をかけたならば、その能力を活用するのは当然のことです。Nucleoはプロジェクトで使われるエフェクトを最適化し、コンピューターの能力を最大限に活用します。

After Effects 7.0とのインテグレーション

Nucleoは設計段階からAfter Effects 7.0のワークフローとのインテグレーションを念頭にいれて開発されました。レンダーキューにあるAE 7のレンダリングボタンをクリックしてください。たったそれだけです。
AE 6.5のユーザーでもNucleoによってパフォーマンスが劇的に向上しますが、パフォーマンスの一新とワークフローの改善がされたAE 7とNucleoを組み合わせれば、あなたのクリエイティビティは新たなレベルへと飛躍することでしょう。

制限はなし

Nucleoでレンダリングできるものに制限はありません。After Effectsの機能を損なわずにイメージシーケンス、ムービー、RAMプレビューを全て最適化します。ワークフローを変える必要はありません。クリエイティビティへの制限もありません。いつもレンダリングしているものを、より速くレンダリングする事ができます。

次世代のマルチコア

マルチコアCPUは既に標準になっていますが、ソフトウェアはまだそれに追いついている途中です。Nucleoを使うことによってAfter Effectsと全てのサードパーティプラグインがIntel、AMD、Appleなどによってデザインされた、最新のプロセッサの能力を最大限に活かせる様になります。

ステータスモニター

Nucleoの使用感は非常に単純です。NucleoをAdobe After Effectsのプラグインディレクトリにインストールし、After Effectsで普段通りに作業を行うだけで処理時間が短縮されます。NucleoはAfter Effectsの力を最大限引き出します。
便利なポップアップウィンドウを使えばプレビューやレンダリングの進捗状況、所要時間、残り時間などのステータスをモニターすることができます。

■Nucleo Proの機能
【Pro版の各機能のチュートリアルムービー(英語版)はこちらのページよりダウンロードいただけます】

■Fast (Nucleo) Render

After Effectsでサポートされている全てのフォーマットのシーケンスとムービーにレンダリングすることが可能です。

■Fast (Nucleo) Preview Emulation

スタンダード(スペースバー)プレビュー、RAMプレビュー、シフトRAMプレビューのうち、どのタイプのプレビューをNucleoに生成させるか指定します。

■Spec-Preview

コンポジションの作成中、Nucleoは自動的かつ連続的にレンダリングを行い、After EffectsのRAMキャッシュに送ります。コンポジションに変更を加えるとNucleoはそれを検知し、フレームを再度生成します。

■Spec-Render

コンポジションの作成中、Nucleoは自動的かつ連続的にレンダリングを行い、最終的なアウトプットの形式で出力します。コンポジションに変更を加えるとNucleoはそれを検知し、該当するファイルを再度生成します。

■Background Render Queue

Nucleoのバックグラウンドレンダーキュー機能を使ってレンダリングを行っている最中でも、After Effectsやその他のアプリケーションで別の作業をし続けることができます。複数のプロジェクトのコンポジションをバックグラウンドレンダーキューに一度に登録しておくだけで、処理が完了した時にユーザーに通知します。

■Commit To Disk

タイムラインにある完成済みのレイヤーがプレビュー時に時間がかかる原因となってしまっている場合、Nucleoを使えばそれらのレイヤーをディスクにコミットすることができます。レイヤーを選択し、Nucleoにそれらのレイヤーのみをバックグラウンドでレンダリングさせるだけです。レンダリングが完了すると、レンダリング済みのフッテージがコンポジション内にあるレイヤーと入れ替わります。

■Cache Management キャッシュの管理(Cache Management)ツールを使えばNucleo Proのキャッシュファイルによって占領されたディスク領域を空けることができます。
■Performance Level  

Nucleoのパフォーマンスレベルを確認することで、Nucleoを使ったプレビューやレンダリングを行っている間に簡単にアプリケーションを切り替えることができます。

■Session History

現在のAfter Effectsのセッション中に行われたNucleoに関連する処理を記録します。この記録を見ることでどういった処理が行われ、それがどのくらいの時間を要したかがわかります。

■Memory Optimization

After EffectsによるコンピューターのRAMの消費を最適化することでパフォーマンスを向上させます。

■Disk Optimization

ディスクへの書き込みを一つのプロセスにし、最適化することでディスクスラッシングによるボトルネックを防ぎます。

■Render Status

レンダーステータスはIMの様なポップアップウィンドウで表示されるので他のアプリケーションの使用中でもレンダリングの進捗状況、残り時間の目安、そして今までの所要時間を一目で見ることができます。

■Preview Status

プレビューステータスはIMの様なポップアップウィンドウで表示されるので他のアプリケーションの使用中でもレンダリングの進捗状況、残り時間の目安、そして今までの所要時間を一目で見ることができます。

■Project Backup

レンダリング時にプロジェクトのバックアップを自動的に保存することで、変更のやり直しが可能になります

【Pro版の各機能のチュートリアルムービー(英語版)はこちらのページよりダウンロードいただけます】
■Nucleo の機能

■Preview Emulation

スタンダード(スペースバー)プレビュー、RAMプレビュー、シフトRAMプレビューのうち、どのタイプのプレビューをNucleoに生成させるか指定します。

■Render Support After Effectsでサポートされている全てのフォーマットのシーケンスとムービーにレンダリングすることが可能です。
■Memory Optimization

After EffectsによるコンピューターのRAMの消費を最適化することでパフォーマンスを向上させます。

■Disk Optimization

ディスクへの書き込みを一つのプロセスにし、最適化することでディスクスラッシングによるボトルネックを防ぎます。

■CPU Check 他のアプリケーションが動いているかどうかを検出し、あまりに多くのCPUを消費している場合に警告をします。
■Performance Level Nucleoのパフォーマンスレベルを確認することで、Nucleoを使ったプレビューやレンダリングを行っている間に簡単にアプリケーションを切り替えることができます。
■Session History 現在のAfter Effectsのセッション中に行われたNucleoに関連する処理を記録します。この記録を見ることでどういった処理が行われ、それがどのくらいの時間を要したかがわかります。
■Render Status レンダーステータスはIMの様なポップアップウィンドウで表示されるので他のアプリケーションの使用中でもレンダリングの進捗状況、残り時間の目安、そして今までの所要時間を一目で見ることができます。
■Preview Status プレビューステータスはIMの様なポップアップウィンドウで表示されるので他のアプリケーションの使用中でもレンダリングの進捗状況、残り時間の目安、そして今までの所要時間を一目で見ることができます。
■Project Backup レンダリング時にプロジェクトのバックアップを自動的に保存することで、変更のやり直しが可能になります
■動作環境 (その他)

【Nucleo Std】
Adobe After Effects 6.5 / 7.0 
【Nucleo Pro】
Adobe After Effects 7.0 / CS3/ CS4 / CS5(Pro 3 のみ対応)

対応OS:
MAC OS X
Mac OS Snow Leopard 32-bit、64-bit 対応
Windows XP/Vista/7
Windows 32-bit、64-bit 対応

対応CPU :
Multi-processor or multi-core processor
PPC、Intel Mac
メモリ:最小2GB以上(推奨:4GB以上)

●開発元:GridIron
●ダウンロード製品

   
After Effects Plug-In パーフェクトリスト