TOP 映像プラグイン:製品紹介 製品紹介
AE トップ 新製品情報 人気ベスト5 メーカー順 製品名順 機能別 AE 対応リスト

After Effectsで、映像に奥行きを付ける ───!!
3Dレイヤーの距離情報を持った"深度マップ"を自動作成するプラグイン

Magic Bullet Denoiser
Depth
デプス
  • 開発元:Digieffects
  • 機能:深度マップ作成
  • バージョン:1.4
  • マニュアル:英語のみ
  • 販売形態:ダウンロード製品(シリアル No. 自動発行)
  • ホストアプリケーション:
  • After Effects : CS3 / CS4 / CS5 / CS5.5

Depth とは

Depth は、After Effects の 3D空間にて、各レイヤーのカメラからの距離情報を持ったグレースケール(=深度マップ)を自動出力する、深度マップ作成プラグインです。

カメラからの距離情報は、グレースケールの明るさで表されます。Depth で作成されたグレースケールは、深度マップとして、様々なエフェクトのグラーデーションマップに利用でき、映像に奥行きを付けられます。

例えば、After Effectsの基本エフェクト「ブラー(レンズ)」の「深度マップレイヤー」に使用すれば、背景にリアルなブラーを作成でき、遠近感を表現したラックフォーカス(ピント送り)をシミュレートできます。

Depthの活用方法

1)3Dレイヤーを用意
深度マップを作りたいコンポジションに、距離感を持たせるオブジェクトごとレイヤーを用意し、各レイヤーを3Dレイヤーに変換します。
2)3Dカメラを適用
3D空間にて、各レイヤーのZ値を変えて配置し、3Dカメラを適用します。
3)深度マップ用のコンポを自動でプリコンポーズ
コンポジションに、メニューのコンポジション>「Precompose Depth」を適用すると、オリジナルと、オリジナルを複製し Depth を適用した深度マップ用のコンポ、2つを持つ新規コンポジション「Depth Comp」が自動的に作成されます。
4)「Depth Comp」コンポを使って効果を適用
プリコンポーズされたオリジナルのコンポジションにエフェクトを適用してください。
Depth が適用されたコンポジション2は、深度マップレイヤーとして利用することで、映像に奥行きを付けることが手軽にできます。
※Depth にて、映像の奥行き感を付ける"深度マップ"を作成する場合、まずZ値が異なる複数の3Dレイヤーを用意し、3Dカメラを適用してください。
※Depth は、深度マップ用のコンポジションを自動でプリコンポーズする「Precompose Depth」機能を搭載します。この機能があれば、複雑なコンポジションでも、すぐに自動で深度マップを生成することができるので大変便利です。

Depthの活用方法

After Effects ブラー(レンズ)のみ
画面全体にブラーが掛かってしまいます
ブラー(レンズ)にDepthの深度マップを利用
レイヤーごとにピントが送られる
ラックフォーカスを実現しています
深度マップを1クリックで作成! 作業時間を短縮

通常 After Effects で、深度マップを作成することは簡単ではありません。まず After Effects は、遠くにあるオブジェクトを暗くしたり、近いオブジェクトを明るくすることを、自動で行えません。また、オブジェクトへの照明は、距離感によって明るさを表現していないため、ライトを追加しても、深度マップの作成を行えないでしょう。

Depth は、これらの通常何時間もかかる作業を、たった1クリックで行い、深度マップの作成において多くの時間の節約を実現します。

Depth Sample - Water Drinking
Depth Sample - Garden
オブジェクトの距離を調整できる

Depth は、After Effects で正確な深度マップを作成するための便利な機能を搭載しています。

Depth は、オプションでカーブを直線、四角、対数、指数に設定でき、オブジェクトがどのくらい早く近づくか、遠ざかるかを選択できます。これにより、距離のグラデーションを調整することができます。

実写を3D空間に配置するには、After Effects でカメラマッピングを実現する【Camera Mapper】がお勧め

撮影済みの実写や静止画に Depth で奥行きをつけたい場合は、距離感を出したい各対象のオブジェクトごとにマスクを切ったレイヤーを用意し、更にそれぞれのレイヤーを、After Effects の3D空間内の、適切な奥行きに配置する必要があります。

このレイヤーの3D空間の配置には、Digieffects社のカメラマッピング プラグインの【Camera Mapper】を使用すると便利です。

動きがある人物は、After Effects CS5の機能「ロトブラシ」で切り抜く方法などがあります。

動作環境
    <Windows>
    対応アプリケーション:
  • After Effects CS3 / CS4 / CS5 / CS5.5
    対応 ハードウェア:  
  • Windows XP SP2 / Windows Vista / Windows 7.0
    (32/64-bit 対応)
  • Intel Pentium 4 / AMD Athlon XP
  • 2GB 以上のメモリ
    <Macintosh>
    対応アプリケーション:
  • After Effects CS3 / CS4 / CS5 / CS5.5
    対応 ハードウェア:  
  • Mac OS 10.4 / 10.5 / 10.6 / 10.7
  • G4 / G5 / Intel Mac
  • 2GB 以上のメモリ